【ネタバレ】フラッシュは「イキリオタク」?学園ドラマとしての『スパイダーマン:ホームカミング』を語る ─ Huluサポーター座談会 Part4

待望の日本公開を迎えた映画『スパイダーマン:ホームカミング』。この度NEW BRIDGEでは、8月7日に開催された『スパイダーマン:ホームカミング』ジャパン・プレミアに参加し、トム・ホランドやジョン・ワッツ監督と直接触れ合った後、プレミア試写会で一般公開に先駆けて全編を鑑賞し終えたばかりの幸運なHuluサポーター6名を迎え、『スパイダーマン:ホームカミング座談会』を実施した。マーベル・シネマティック・ユニバース(『アベンジャーズ』シリーズを始めとするマーベル映画シリーズの総称で、登場するキャラクターや出来事はすべて一つの世界観の中で描かれる。通称MCU。)の大ファンである6名は、『ホームカミング』をどう観たのだろうか?

今回も、6人のHuluサポーターによる『ホームカミング』トークをお届け。こちらの記事では、学園ドラマとしての本作の魅力、さらにトニー・スターク目線での楽しみ方についてを語り合った。

注意:この記事では、『スパイダーマン:ホームカミング』のネタバレ内容が含まれております。映画を鑑賞されていない方はお気をつけください。

 

——————————————————————————————-

今回登場するHuluサポーター(順不同、文中では敬称略)

青春学園ドラマとしての『ホームカミング』

NEW BRIDGE:学園ドラマとしても素晴らしかったですよね。

御代しおり:本当に素晴らしかった!成長物語としてもすごく良かった。

NEW BRIDGE:ホームカミング・パーティーを中心に、ピーターの学生生活や淡い恋愛劇も描かれていましたよね。それから、親友のネッドもいい味出してた。ピーターがネッドとつるんでることによって、彼がちょっとイケてない側のグループに属している子なんだなっていうのがわかりますよね。

御代しおり:わかります。でもそれが暗くなりすぎないところがいいなと思って。最近のアメコミ映画って明るくなりましたよね。

ゴキオモ:(ネッド役のジェイコブ・バタロンは)キングピンもできるんじゃない?(笑)

匿名マン:幼少期のキングピン(笑)。

御代しおり:髪の毛があるのと無いのとでは全然イメージ違うんですね。

ホットケノービ:帽子の下りも良かったですよね!おじさんみたいな帽子を選ぶっていう。

匿名マン:ネッドがパーティーで1人ポツンと立ってる姿、自分の高校時代を思い出した(笑)。

ツナ:ネッドとピーターの友情なんですが、『メリー・ジェーン・ホームカミング』という原作コミックを思い出しました。友達同士のすれ違いを描いているんですよね。

スパイデー:ピーターって恋愛が下手じゃないですか。今回、恋愛上手なトニーが付いていてもやっぱりダメなんだなっていう。(編注:トニーが手がけたであろうスパイダーマンのスーツレディは、ピーターがリズに対してアプローチするよう、しきりにアドバイスしていた。)スーツレディがピーターに指示を出すところ、たぶんトニーだったらペッパー相手に上手くアプローチできるんだろうけど、ピーターはそれができないんですよね。色々なスパイダーマンの作品でお約束としてある、「相手は自分の気持ちに気付いていないと思ってるけど、だいたい気付かれてる」という関係が今回もリズとの間に描かれていて。そういう恋愛の進め方は今回もすごく良かった。

ツナ:リズがピーターの気持ちに「気付いていた」と明かして、あんなにすんなりオーケーしてくれたから、この先何か悪いことが起こるんじゃないかなと(笑)。

匿名マン:思った思った!そしたら全く斜め上の展開があって。そんな人生うまくいかねぇなっていう(笑)。

最新型のいじめっ子像、フラッシュ

NEW BRIDGE:フラッシュ良かったですね。

匿名マン:いじめっ子像が、ちょっと変わってて新しかった。

ホットケノービ:ジョックスじゃないんですよね!(編注:ジョックスはアメリカのスクールカーストにおける最上位に値する、体育会系の生徒のこと)

ゴキオモ:最初は全然ピンとこなかった。え、お前?って(笑)

匿名マン:ピーターが通っているミッドタウン高校は理系の学校で、あそこにいる生徒はほぼ全員ナードなんですよ。だからジョックスがいなくて、いじめっ子もナードの中でイキってるんですよ。

NEW BRIDGE:いま流行りのイキリオタク!

ゴキオモ:最新だ!トレンドを押さえている(笑)。

匿名マン:だから、2017年のいじめっ子像。親はインドから出てきた成り上がりで、甘やかされて育ったみたいな。バックボーンが透けて見えるいじめっ子。現代版『ブレックファスト・クラブ』みたいだなと。

トニー・スターク目線の『ホームカミング』

NEW BRIDGE:トニー目線で見る『スパイダーマン:ホームカミング』も味わい深いですよね。今までトニーは無茶をする側だったけど、今度は親のような立場になって「無茶するなよ」とアドバイスする側に周る、というのも。

匿名マン:トニーがピーターを一回助けた後、「でも僕、キャップと渡り合ったんだよ!」と言う。けど、「いや、キャップは手加減してたんだよ」って言ったりとか、ちゃっかりキャップのシールドの試作品作ったりとか、やっぱキャップのことどこか認めてるんだなというか、完全に決裂していないというのが伝わってきて。

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

ゴキオモ:上手いですよね。MCUをずっと観ていて思うんですけど、『アイアンマン』のトニーが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で体制側に周るというのがイメージつかなくて、どうするんだろうと『アイアンマン』一作目当時からずっと思ってて。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で、「あっ、こいつやばいぞ」って思った後に、『シビル・ウォー』があって。トニーはそこで全てを失ったわけじゃないですか。で、『ホームカミング』はトニーにとっての再生の物語でもあるんだろうなって予想していて。ちゃんとそうなっていたのがすごく嬉しかった。

匿名マン:トニー・スタークはマーベル・シネマティック・ユニバースを全て見てきた人間ですからね。

御代しおり:アイアンマンが助けに来るシーン。過去のどのアイアンマンよりもカッコよかった。あの時、謎の涙が出そうになった(笑)。

匿名マン:『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でも『アイアンマン3』でも、アイアンマンってヒーローの中でも人命救助をしてくれる方で、今回もちゃんとスパイダーマンのピンチに駆けつけてくれて。喝采を浴びてましたしね。

御代しおり:弟子ができなかったことを簡単にやってのける師匠、っていうのがまたカッコよかったです。アイアンマンがあんなに素直にカッコいいっていうのも珍しい気がして。

ゴキオモ:今回のアイアンマンは一回もリパルサーを撃ってない。

匿名マン:確かに撃ってない。戦ってないしね。

NEW BRIDGE:ずっと助けていましたよね。フェリーのシーンでも、予告編で何度も観ているから来てくれることはわかってたけど、それでもやっぱり「うぉ〜!」ってなった。

匿名マン:フェリーの乗客と完全にシンクロしちゃって、「アイアンマーン!」って(笑)。


Huluサポーターによる『スパイダーマン:ホームカミング』座談会の様子は全5回に分けて公開中!

Part1:『スパイダーマン:ホームカミング』観る前も観た後も!予習、復習、どれを観るべき?

Part2:トム・ホランドは「奇跡の配役」 ─ 誰でも楽しめる『スパイダーマン:ホームカミング』

Part3:バルチャーの色と、2つのスーツが象徴するものとは

Part4:フラッシュは「イキリオタク」?学園ドラマとしての『スパイダーマン:ホームカミング』を語る

Part5:『スパイダーマン:ホームカミング』におけるオリジン考察 ─ ファンが選ぶ、一番「偉かった」シーンは?

『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日全国ロードショー。Huluでは、『スパイダーマン:ホームカミング』のインタビュー映像や特典映像なども配信中だ。Huluでしか観られないインタビューもあるぞ!またマーベル映画作品を期間限定で見放題配信中。

※記事内の作品リンクは、2017/8/15現在の情報です。

Huluでマーベル世界を体感せよ!