頑張ってるのに空回りなアナタへ!「一歩一歩、着実に」アドバイスがグッと刺さるドラマ「SUPERGIRL/スーパーガール」第2話の見どころとあらすじ解説

スーパーガール

史上最強にキュートなヒーローが活躍するDCドラマ「SUPERGIRL/スーパーガール」はもう観た?アメコミ版ガールズ・ドラマと呼ぶのにふさわしいこの作品は、原作コミックやヒーローに詳しくない女子でも楽しめる。等身大の女の子が何事にも一生懸命に取り組む姿に、あなたも共感してしまうこと間違いなしだ。

「SUPERGIRL/スーパーガール」第2話の見どころ

「SUPERGIRL/スーパーガール」の主人公カーラは、スーパーマンのいとこ。滅亡直前の故郷のクリプトン星から脱出して地球に到着したカーラは、普通の女の子として育てられる。怪力や空を飛べる能力は隠していたけれど、ある事件をきっかけに「スーパーガール」としてヒーロー活動を開始する…というストーリーだ。

第2話での見どころは、新人ヒーローであるが故のカーラの葛藤だ。第1話で「スーパーガール」として覚醒したカーラ。でも経験不足から失敗してしまったり、時にはメディアから批判されてしまうことも…。この問題を、カーラは誰からアドバイスを受けて、どのように解決するのか?といった点に注目してほしい。第2話の最後には、より成長したカーラの笑顔が見られるはずだ。

Huluで「SUPERGIRL/スーパーガール 」を視聴する

スーパーガール
© Warner Bros. Entertainment Inc.

「SUPERGIRL/スーパーガール」第2話のあらすじ

スーパーガールとしてヒーロー活動に目覚めたカーラ。宇宙生物をはじめとする驚異に立ち向かう組織DEO(=特異生物対策局)のもとで訓練を受けている最中、港で大規模火災が発生したとの情報が入る。スーパーガールは現場に急行し、燃え移らないようにと大型石油タンカーを移動させたところ、石油が海に流れ出してしまう。「生態系に大きな打撃を与えた」「スーパーガールは救世主か、それとも災いか?」などとスーパーガールを批判する声が上がり、カーラは落ち込んでしまう。

そんなある日、カーラが身分を隠して働いている大手メディア会社キャットコーの女社長グラントは、スーパーガールへインタビューをしたいと言い出す。スーパーガールとのインタビューを設けるよう、スーパーマンの友人であるジェームズに指示するグラント。「ボスは馬鹿じゃない、すぐ私だと気づいちゃう!」とインタビューを拒むカーラに、「社長はカーラに興味がないし、身近にヒーローがいるとは誰も思わないからバレないよ」と諭し、「なんとかするよ」とジェームズは対策を考える。

化学物質を扱うプラスチノ社の工場へと場面は移る。そこに突如、人間に擬態する巨大な昆虫ヘルグラマイトが現れ、社員を襲った。DEOは現場に急行し、ヘルグラマイトの足取りを追う。

ヘルグラマイトをはじめとする宇宙生物との戦いに備え、アレックスはカーラを特訓することに。通常であれば人間であるアレックスは、怪力を持つ宇宙人のカーラに勝てない。アレックスはクリプトナイト(スーパーガールやスーパーマンなどのクリプトン星人を傷つけることができる物質)で能力を弱めた部屋で、カーラとの戦闘訓練を開始する。技術でなく力に頼った戦い方をするカーラへのアドバイスは、「相手が格上の時は、相手の力を利用して倒せ」というものだった。アレックスに勝てなかったカーラは、またもや自信を失ってしまう。

訓練を終えたカーラは、キャットコーへ。カーラはグラントに「もしここにスーパーガールがいたら、どんなアドバイスをしますか?」と尋ねる。答えは「肩の力を抜いて、一歩ずつ進めばいい。小さなことからコツコツやるべき」というものだった。

アドバイスを受け、カーラは「小さなこと」からヒーロー活動をはじめるべく訓練を決意する。ジェームズとウィンの協力のもと、ピザ屋強盗を捕まえたり、渋滞にはまっている救急車を病院へ運んだり、木から降りられなくなったペット(なんと蛇!)を救出したり…。小さな成功経験を積み、カーラは笑顔を取り戻していく。

DEOでは、ヘルグラマイトの捕獲作戦が立てられていた。大量の化学物質を盗んだ目的は、大量破壊兵器を作るためではなく食料として食べるためだと予想したDEO。化学物質を車に載せて運搬し、ヘルグラマイトをおびき出して捕獲しようとするが、逆にアレックスが捕らえられてしまう……。実はヘルグラマイトは、地球征服を目論むカーラのおば・アストラ将軍に「スーパーガールをおびき出せ」と命令されていたのだ。

アレックスを救出しに来たスーパーガールの前にアストラが現れ、なぜ自分がクリプトン星の爆発から生き残ったかを話し始めた。アストラはかつて故郷を救おうと、ある「真実」を話そうとした。しかしカーラの母アルーラによって、異空間にあるフォート・ロズ刑務所に投獄されてしまう。クリプトン星の爆発から逃れたのは、刑務所にいたためだったのだ。

「人間になんて協力しないで。私たちの仲間になって、一緒に地球を救おう」とカーラを仲間に引き入れようとするアストラ。そうはさせまいとカーラはアストラに攻撃を仕掛ける。

百戦錬磨のアストラにカーラは劣勢だった。しかしカーラは特訓中に姉から受けた「相手が格上の時は、相手の力を利用して倒せ」というアドバイスを思い出し、襲ってきたアストラの力を利用して思いっきり投げ飛ばす。

なおも起き上がってくるアストラに、DEO長官のヘンショウが、クリプトナイト製のナイフで応戦。傷を負ったアストラはその場から逃亡する。

戦闘を終えた後、カーラはDEOの一室で母のホログラムと対面する。それは母の記憶を基に作られた対話型人工知能プログラムで、まるで本当に母と話すように会話ができるものだった。「アストラについて教えて」と、カーラは母のホログラムに質問する……。

そのころキャットコーでは、業を煮やしたグラントがジェームズに「スーパーガールへのインタビューが手配できないなら、代わりの人物を明日面接する」と宣告していた。「インタビューはもう始まっていますよ」と言われ、面食らうグラント。彼女がたった今乗り込んだ車が、宙に浮き始めている……?車を持ち上げていたのは、インタビューを受けることにしたスーパーガールだった。町はずれの丘へとたどり着いたグラントは、ついにスーパーガールと対峙する。インタビューが今、始まろうとしていた。

スーパーガール
© Warner Bros. Entertainment Inc.

以上が「SUPERGIRL/スーパーガール」第2話の見どころとあらすじだ。第2話のタイトル「ステップ・バイ・ステップ」は、「一歩一歩」「着実に」といった意味の単語。カーラが周囲からのアドバイスで”身近なヒーロー活動”から始め、ヒーローとして一歩一歩成長していくというこのエピソードに、まさにぴったりなタイトルと言えるだろう。

Huluで「SUPERGIRL/スーパーガール 」を視聴する

タグ: