もう一度観たくなる!先読み厳禁、観てから読んでね『アーミー・オブ・ダークネス』ディープ解説【アサイラム作品徹底特集】

君は、アサイラム作品を知っているか?

アサイラムとは、『シャークネード』の世界ヒットで一躍人気を上昇したアライサム作品とは、有名作品に”乗っかった”タイミングでリリースする、【モックバスター作(模倣作)】でも有名な、カルト的ファンも多いアメリカの映画制作会社だ。

今回は、アサイラム映画に明るいお宝映画発掘家、中野ダンキチさんに映画『アーミー・オブ・ダークネス』を、どこよりもディープにたっぷり語っていただいた。

監督はフランス出身、しかも…

監督はフランス人のエマニュエル・イティエ。
代表作は、アサイラムも製作の一つとしてクレジットされるホラー作品の『案山子男』。
本作では、冒頭で登場する兵士ヨーン役で出演もしておりますので、どんな人?って気になった方は、ぜひ再チェックを。

脚本は『シャークネード』のあの方

脚本を担当したのは、監督であるエマニュエル・イティエ、そしてもう一人。
シャークネード』シリーズ監督のアンソニー・C・フェランテの共作によるもの。
そのためフェランテ監督作品では必ずといって登場するこだわりの名称”SANTAMIRA”も合流地点の名称として、ちゃっかり使われているのもお見逃しなく。
※”SANTAMIRA”は、アメリカのSFやホラー作品に登場する架空の地名で、『シャークネード』シリーズではポスターやナンバープレートなど毎回登場しています。

ミートの手帳に書かれたイラストを書いたのは?

ミート(アンダーソン)が持っていた手帳に書かれているユニークな人物のイラスト。
これはアンソニー・C・フェランテ監督が書いたもの。
右下を良く見るとしっかりとサインが書かれているのがわかります。

他のアサイラム作品も観たくなる!?脇を固めるキャスト達

ミート(アンダーソン)役のフィリップ・アンドレ・ボテロは、『マッド・スピード』の主人公の彼氏ケビン役として出演。
絶対権力を発動させる大将役の M・スティーブン・フェルティは、『ヘンゼルとグレーテル おそろし森の魔女』では、本作とは180度違う善人の保安官役で出演。
グリーン役のスティーブ・ハンクスは、『ヘンゼルとグレーテル おそろし森の魔女』ではブランドン・グリムの父親役として出演。
そして、頭から血を流しながら出てくるケイティーの父親(亡霊)役は、なんとアンソニー・C・フェランテ監督が演じているのです。

エンディング曲の秘密

エンディングにスタッフロールと共に流れるのは、”QUINT”というバンドの「I WILL NOT FOLLOW」という楽曲。
このQUINTは、アンソニー・C・フェランテ監督と俳優のロビー・リストによるバンド。
『シャークネード』で誰もがノリノリになってしまうおなじみの”あの曲”『(The Ballad of) Sharknado』を歌っているバンドといったらわかっていただける方も多いのでは?
ちなみに「I WILL NOT FOLLOW」は彼等のアルバム『Bad Ass』に収録されており、iTunesなどでも購入可能です。


Huluでは、『シャークネード』シリーズをはじめとした魅力的なアサイラム作品を一挙配信中。一歩足を踏み入れたらクセになる?Huluでじっくり、たっぷりお楽しみください!

アサイラム徹底解説特集ページはこちら

『アーミー・オブ・ダークネス』を視聴する

タグ: