『ダブルヘッド・ジョーズ』は日本発のアイデア?先読み厳禁!観てから読んでねディープ解説【アサイラム作品徹底特集】

君は、アサイラム作品を知っているか?

アサイラムとは、『シャークネード』の世界ヒットで一躍人気を上昇したアライサム作品とは、有名作品に”乗っかった”タイミングでリリースする、【モックバスター作(模倣作)】でも有名な、カルト的ファンも多いアメリカの映画制作会社だ。

今回は、アサイラム映画に明るいお宝映画発掘家、中野ダンキチさんに映画『ダブルヘッド・ジョーズ』を、どこよりもディープにたっぷり語っていただいた。

『ダブルヘッド・ジョーズ』そもそもこの設定はどこから?

いまやアサイラム作品の代表作の一つでもある『ダブル・ヘッドジョーズ』。
2つ頭があるサメが襲ってくるという設定や映像にはなんとも驚かされますが、このアイデア、実は日本のメーカーサイドのリクエストに応えてのもの。
この設定が日本発という目線で見ると、ちょっと見方が変わってくるかも知れませんね。

監督はサメ映画多数!

本作の監督したのは、クリストファー・レイ。
続編の『トリプル・ヘッドジョーズ』、『シャーク・ウィーク』、『メガ・シャークvsメカ・シャーク』、『メガ・シャークvsグレート・タイタン』と名だたるアサイラムサメ作品を作り続けております。

あの美女の父親は有名プロレスラー

ラストまでハラハラさせてくれたケイト。演じた女優さんの名前はブルック・ホーガン。
この名前を聞いてピンと来るかたもいらっしゃると思いますが、彼女の父親は「イチバーン!」の叫び声とともにアックスボンバーで日本のマットでも大暴れしたプロレスラー、ハルク・ホーガン なんです。
あの美貌からお父さんの顔は中々想像できないですよね。
ちなみに彼女は、これまたサメ作品の『ビーチ・シャーク』にもメインで出演しています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

撮影場所は?

撮影はおなじみのロサンゼルス…ではなく、フロリダ州の南部にある町マラソンを中心に行なわれています。
舞台の一つとなったクルーザー Sea King 号は実際にあるもので、通常はパーティーや釣りなどで使用されており、グーグルマップなどでも、停泊中の姿が確認できます。
また島としての登場部分は、CRANE POINT MUSEUM OF NATURE CITYで行なわれています。
通常は、その名の通り自然博物館として数多くの人が訪れる場所。
立地や自然を生かした施設と、昔の生活がわかるような建造物があり、本編でも小屋の一部はそのまま登場しているのです。


Huluでは、『シャークネード』シリーズをはじめとした魅力的なアサイラム作品を一挙配信中。一歩足を踏み入れたらクセになる?Huluでじっくり、たっぷりお楽しみください!

アサイラム徹底解説特集ページはこちら

『ダブルヘッド・ジョーズ』を視聴する

タグ: