【前半戦:DCトーク】2017年のアメコミ作品を振り返る!特濃アメコミトーク超レポート!

2017年もたくさんのアメコミ映画やドラマの公開・リリースで賑わった一年となった。NEW BRIDGEでは、2017年12月1日から3日にかけて開催された「東京コミコン2017」にて、「NEW BRIDGE presents MARVEL/DC スペシャルトーク」と題した2時間の公開トークを開催し、大豊作だったアメコミ作品をたっぷり振り返った。登壇したのは、NEW BRIDGE編集長に加え、「声の大きいオタク」セラさん、ゴキオモさん、匿名マンさん、チャーリーさん、そしてアメコミ芸人「しゃべんじゃーず」の柳生玄十郎さんだ。

前半の1時間をDC、後半の1時間をMARVELとし、ぶっ続けで語り尽くしたスペシャルトークのうち、この記事では前半戦の「DCトーク」の模様をお届けしよう。(※後半戦「MARVELトーク」はこちらで公開中!)

注意:この記事では、『ワンダーウーマン』のネタバレ内容が含まれております。映画を鑑賞されていない方はお気をつけください。

今回登場するHuluサポーター(順不同、文中では敬称略)


NEW BRIDGE:
今年もアメコミ映画は色々あったじゃないですか。今日は忘年会的なノリで、この一年あった出来事や作品を振り返りながら、このユニバースの面白いところに浸っていこうかなと思っております。というわけで、前半はDCトーク!Huluでは「THE FLASH/フラッシュ」のシーズン3の配信も始まりましたし、映画も色々ありました。何と言っても『ワンダーウーマン』、そして…。…ゴキオモさん、汗垂れてますけど。

ゴキオモ:
あのね、(バットマンの)マスク脱いでいいですか(笑)。本当に暑いんですよ。あと、これから2時間、休憩ありますか?

NEW BRIDGE:
僕たちはですね、休憩ないです。

ゴキオモ:
とんでもねぇ企画ですよ(笑)!

『ワンダーウーマン』を振り返る

NEW BRIDGE:
というわけで2017年のDC映像作品、何から話そうかというくらい色々ありましたが。

セラ:
いつもよりかなり盛り上がっていた印象がありましたよね。映画も2作品あったし、ドラマも盛り上がっていた。

NEW BRIDGE:
『ワンダーウーマン』は2017年の夏、一世を風靡したと言っても過言ではない。とにかく楽しい映画でしたよね。明るくって見やすくって。

セラ:
ザック・スナイダー監督が撮るようなテイストもありつつ、明るさもありつつ、古き良きDCのテイストもありつつ、という、すごく美味しい映画でしたね。

ゴキオモ:
アクションが素晴らしかったですよね。DC節もちゃんと受け継いでいた。中盤の村を解放するアクション・シーンも良かったですよね。予告編映像の時点からめちゃくちゃ期待していたんですけど。

匿名マン:
これまでのDC作品は重々しいというか、シリアスでありダークでありというところを特色としていた。そこに『ワンダーウーマン』はシンプルに観ていて楽しいというか、ワクワクしてくるというか。明るい作風に一気にシフトチェンジしていましたね。作品のトーンの幅を広めてきたなという印象。ノー・マンズ・ランドのシーンなんて、ワンダーウーマンのヒーロー性が凝縮されていましたね。観ているこっちが鼓舞されるようなシーンがたくさんあって。

セラ:
あと音楽も良かった!

チャーリー:
サイコーだった。

NEW BRIDGE:
『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のワンダーウーマン登場シーンのイメージが頭についてるじゃないですか。だからワンダーウーマンのテーマ曲が流れた瞬間に「うぉぉ、来たぞぉぉー!」ってね。

チャーリー:
僕の出身国のイギリスでもワンダーウーマンは人気。皆に愛されているヒーローですよね。

ゴキオモ:
イギリスはマーベルとDCどっちが人気なの?

チャーリー:
いやぁ、両方人気だよ。もしかしたら、マーベルは若い人に人気、とかはあるかも。DCはちょっと大人向けかな?

セラ:
今年アメリカに旅行に行ったんですけど、向こうのDC人気をすごく感じましたね。しかも、この州はこのヒーローが人気、みたいな分布もあるんですって。マーベル本社はニューヨークで、DCの本社はロサンゼルスに移ったんですよ。だから西海岸ではDCが人気で、東の方はマーベルが人気だったりするそうで。

NEW BRIDGE:
僕はカッコいいシーン観ると感動で泣いちゃうんですよ。最初のセミッシラのバトルシーンでまず一旦泣いたよね。カッコ良すぎないですか?これまで女性キャラクターのアクションシーンはどちらかというと美しさを魅せる印象があったけど、『ワンダーウーマン』のアマゾネス達は本当に重厚感があってカッコかったよね。

匿名マン:
純粋に、フィジカルの強さ。観ているだけで、「これは勝てない」という。

ゴキオモ:
向こうは銃を持っていたのに、弓矢で立ち向かってましたからね。

NEW BRIDGE:
彼女たちはあまり銃を知らないのかもしれない。ある意味怖いもの知らずで、「行くぞ!」と立ち向かっていくような勇敢さにも胸を打たれました。

セラ:
アンティオペが死ぬシーンもヤバかったですよね。ダイアナが小さい頃からアンティオペにずっと育てられてきたというストーリーを見てきたから、あのシーンが深いんですよね。

チャーリー:
あと、修行のシーンでダイアナが初めてアームレットを使ったシーンも熱かったね。興奮させられた。

NEW BRIDGE:
今までのDC映画にはないようなクスっと笑えるユーモアも多かったですよね。

匿名マン:
ワンダーウーマンがロンドンに行った後のカルチャーギャップ・コメディですね。世間の常識を知らないことで生まれる笑いを、もの凄く上手にコメディとして昇華していたなと。これまでDC映画ではあまり触れてこなかったところで、こんな面白さも映画で出してくれるんだって、すごく嬉しかった。

ゴキオモ:
街中で血気盛んに戦いに行きたがるシーンとか最高だったね。

NEW BRIDGE:
アイスクリームの下りも最高だった。

チャーリー:
コミックを再現してくれたよね。

NEW BRIDGE:
スティーブ・トレバーも凄く良かったよね。クリス・パインはカッコいいけど、三枚目もいける感じ。

匿名マン:
ちょっと抜けてる感じがすごくハマってた。

NEW BRIDGE:
でもキメるとこはキメるっていうね。

匿名マン:
路地裏でワンダーウーマンに「下がれ!」ってやるところとか。

セラ:
あそこは、リチャード・ドナー監督の『スーパーマンII リチャード・ドナーCUT版』のオマージュ・シーンなんですよね。

匿名マン:
クラークがロイス・レインを助けるところですね。そのシーンと服装が全く同じなんですよ。

セラ:
パティ・ジェンキンス監督がスーパーマンの大ファンで、オマージュシーンを入れたそうですね。一周回った感ありますよね。

チャーリー:
そういえば、クリス・パインがグリーン・ランタンを演じるという噂もあったよね。

ゴキオモ:
クリス・パイン、グリーン・ランタンもアリだよね。

セラ:
原作コミックでは、スティーブ・トレバーがグリーン・ランタンになるエピソードは無くって。でもクリス・パインはアリだよね。あそこで死なせるのは勿体ないもん。

チャーリー:
『ワンダーウーマン』続編もすごく楽しみだなぁ。

匿名マン:
次は時代設定どうなるんだっけ?

チャーリー:
えっ、いつだっけ(スマホを取り出す)

ゴキオモ:
今調べるの?!もう、ここ居酒屋じゃん(笑)。

NEW BRIDGE:
ちなみに『ワンダーウーマン2』は2019年公開予定です。

セラ:
どんな話になるんでしょうね。『ワンダーウーマン2』を経た後の『ジャスティス・リーグ』という時代設定ですからね。

匿名マン:
ワンダーウーマンって、『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で一度姿を観ているから、そこに至るまでの前日譚的なところで今回の映画があったじゃないですか。続編でもその間の話をやるって難しくて。プリクエルみたいですよね。ワンダーウーマンの映画は時間軸が二つ進んでるわけですよ。『ジャスティス・リーグ』でのワンダーウーマンは戦士として成熟しきっていたけど、『ワンダーウーマン2』はどうなるんだろう。

NEW BRIDGE:
ガル・ガドットも演じるの大変ですね。

セラ:
自分自身は年を重ねていくけど、演じる役柄としては気持ち新鮮にしなくちゃいけないという。

ゴキオモ:
ガル・ガドットのトレーニング映像を観たんだけど、もうワケわかんねぇもん。よくできるなっていう。なんか、重い塊をこう持ち上げてて。

チャーリー:
デッドリフトかな?カッコいいよね。

匿名マン:
ジャスティス・リーグの面々はトレーニングが原始的な(笑)。重い塊をひたすら持ち上げるっていう。

NEW BRIDGE:
「重い塊を持ち上げる」(笑)

ゴキオモ:
しかも持ち上げ方がすんごいの(笑)

匿名マン:
ガル・ガドットは兵役の経験があるから説得力があるよね。

ゴキオモ:
そういえば、ガル・ガドットの英語はイスラエル訛りだから、これを基準にしてセミッシラの島の人々の英語を合わせたっていうエピソードも面白いよね。

匿名マン:
つまり、イスラエル訛りをアマゾン訛りってことにしたわけですよ。

NEW BRIDGE:
個人的な意見なんですけど、僕はDCって何度も繰り返し楽しめると思っているんですよ。マーベル映画は一回目がめちゃくちゃ楽しくて、DC映画は観るごとにスルメのような味が出て来る。音楽もいいですよね。

セラ:
ハンス・ジマー最高ですね。

NEW BRIDGE:
僕はよくDC映画のサントラを聴きながら仕事するんですよ。あれ聴きながら仕事してると、単純な作業をしていても「この街の運命が俺にかかっている」みたいな気がしてくる(笑)。

セラ:
壮大ですもんね(笑)。

NEW BRIDGE:
オススメですよ(笑)。仕事に疲れてきた方は、『マン・オブ・スティール』あたりのサントラを聴きながらやってみると、急に責任感出て来るから(笑)。

チャーリー:
僕は『ダークナイト』の音楽を聴くと元気が出て来る。あれは最高だよね。

匿名マン:
職場で上司を口論になった時、『バットマンvsスーパーマン』のあのテーマ曲が頭の中で流れる(笑)。

一同:
♪デーン!デンデンデンデーン!

ゴキオモ:
これ大丈夫なの?(笑)

『ジャスティス・リーグ』を振り返る

NEW BRIDGE:
『ジャスティス・リーグ』はどうだった?まだ観てない人も多いだろうから、ネタバレ無しで話そう。

ゴキオモ:
おぁー、スキルが試されるなぁー!

NEW BRIDGE:
セラ君はどうだった?

セラ:
よ、良かった。

ゴキオモ:
そんなもんじゃないだろ!(笑)

チャーリー:
10点中、何点?

セラ:
10点中?500兆億万点!

一同:
あぁー…。

NEW BRIDGE:
…ゴキオモ君は?

ゴキオモ:
僕ですか?ジャスティスでしたよ。

NEW BRIDGE:
ジャスティス?

セラ:
DC映画は面白かったかどうか聞かれたら、「ジャスティス」で答えるんですよ。

NEW BRIDGE:
何ジャスティスだったの?

ゴキオモ:
500兆億ジャスティス。

匿名マン:
だったらもう、点で言えば良くない?(笑)

セラ:
面白い、面白くない、じゃないんですよ。ジャスティスか、ジャスティスじゃなかったか、なんです。

ゴキオモ:
僕、『バットマンvsスーパーマン』を観終えた後も、あまりの熱量に圧倒されて、気がついたらホットトイズ(ハイエンドフィギュア)全部予約してましたもん。それぐらいジャスティス。

セラ:
『バットマンvsスーパーマン』は、邦題『ジャスティスの誕生』に賛否あったじゃないですか。でも映画を観た後は「確かにジャスティスが誕生していた!」と。

ゴキオモ:
そして『ジャスティス・リーグ』でジャスティスがリーグした。

セラ:
わかるわかる。

NEW BRIDGE:
…匿名マン、起きてる?

匿名マン:
起きてる(笑)。僕、『ジャスティス・リーグ』はもう5回観ました。字幕も吹替もIMAXも。

ゴキオモ:
すごい。5ジャスティスだ。

NEW BRIDGE:
5ジャスティス。

セラ:
マーベルの『アベンジャーズ』と比較されてしまうのは仕方ないと思うんですけど、それぞれの良さがあって凄く良かった。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は、原作コミックと違ったりするんですよ。原作を読んでいない人だけでなく、原作ファンにも新しい驚きをもたらすという意味で、良いなと思うところなんですけど。DC映画はコミックを直球で実写化してくれるんですよ。『ジャスティス・リーグ』もそんな良さがたくさんあった。僕、シーンごとに泣いてましたから。「あのコマだ!」とか、「あのエピソードの再現だ!」という発見があって。

匿名マン:
すごく良かったのが、『ジャスティス・リーグ』で開いた窓ガラスにバットマンの姿が映るシーン。あれが、背景は全く変わらないけど人物だけが動くという80年代くらいのコミックっぽくて凄く良かった。フランク・ミラー的な。そこにバットマンの顔が稲光で照らされた時に、「この映画、ガチだ!」と感動しちゃいましたね。

NEW BRIDGE:
『ジャスティス・リーグ』では、『マン・オブ・スティール』『バットマンvsスーパーマン』を手がけてきたザック・スナイダー監督が事情あって途中降板し、後任として『アベンジャーズ』のジョス・ウェドン監督が入ったんですよね。だからこれまでのDC映画的なアイデンティティをもちろん持ちながらも、少しマーベル映画的な明るさ、コミカルさも取り入れられている。あんなにしかめっ面ばかりだったバットマンたちにも笑顔があったのが良かったですね。

匿名マン:
高揚感のあるシーンも多かった。

セラ:
もともとジョス・ウェドンってDCファンなんです。『アベンジャーズ』観てると、けっこうDCコミックっぽい描写があったりするんですよ。だから、「還ってきた」と言ったほうが正しいのかも。DCの本来の持ち味が『ジャスティス・リーグ』に戻ってきたのかなぁという感じがありました。

ゴキオモ:
色調も明るかったですしね。

セラ:
DCコミックって、もともと別にダークなわけじゃないんですよ。暗いのは一部だけで。

匿名マン:
『マン・オブ・スティール』が、クリストファー・ノーランの『ダークナイト』三部作のトーンを引き継いでいたので、そのままDC映画全体の暗いトーンが決まってしまったよね。

ゴキオモ:
あれね、しょうがないんですよ。スーパーマンって、バットマンに比べれるとどこか何となくぽわぽわっとしてるから。

セラ:
わかるわかる。

ゴキオモ:
だからクールに寄せたいという、当時としては当たり前の判断だった。

セラ:
映画として、トレンドがありますからね。

NEW BRIDGE:
これまでのDC映画は上映時間も長かったけど、『ジャスティス・リーグ』は121分。その中でフラッシュ、アクアマン、サイボーグといった新しい面々をちゃんと紹介してましたよね。特に僕はドラマ版「THE FLASH/フラッシュ」のファンなので、映画版のフラッシュをスクリーンで観られて嬉しかった。

セラ:
ドラマ版とちゃんと差別化できていましたよね。

ゴキオモ:
性格も違ったし、高速移動の描写も全然違った。

NEW BRIDGE:
ドラマのバリー・アレン/フラッシュはシュッとしててカッコいいんですよ。映画版のバリーはオタクで。なんかシスコみたいなキャラなんですよね。シスコ+バリーみたいな。

セラ:
コミックだと、グリーン・ランタンがコメディ・リリーフ役なんですよ。映画のバリー・アレンは、それも足して2で割ったような。そこのポジションを両方担うんだ!っていう。

匿名マン:
バットマンとか、他のメンバーがけっこう年上だから、フラッシュのキャラが映えてたよね。

ゴキオモ:
『ジャスティス・リーグ』だと、他のメンバーが珍しくコメディ・リリーフになったりするんだよね。誰とは言わないけど(笑)。

NEW BRIDGE:
アクアマンも良かったよね。コミックやアニメのイメージと全く違くて。

匿名マン:
ジェイソン・モモアのキャスティング、大正解すぎるでしょ。アイアンマンにロバート・ダウニー・Jr.くらいのハマり役。だから、最近はコミックの方がジェイソン・モモアに寄せてきてるんじゃないかという(笑)。

セラ:
現行のコミックだと、アクアマンに髭生えてるんですよ。もともと、コミックのアクアマンは短い金髪で、爽やかなイメージなんですよね。映画だとワイルドなイメージになっている。

NEW BRIDGE:
オフショットで、ジェイソン・モモアがグラスのビールを飲みながら、ヒゲに白い泡をつけたまま持っていた斧を壁に投げて突き刺すっていう動画があって。それ観た時にぜってぇ勝てねぇ!と(笑)なんだこいつ、すげぇ奴が出てきたぞっていうね。

 

Jason Momoaさん(@prideofgypsies)がシェアした投稿

ゴキオモ:
ワイルドすぎる!海賊でしょ(笑)

セラ:
あの人、トマホーク投げが趣味なんでしょ?

NEW BRIDGE:
トマホーク投げ趣味の人、いる?(笑)

ゴキオモ:
生まれる時代間違えてない?(笑)

セラ:
コミックのアクアマンって、どっちかって言うとちょっといじられキャラなんだよね。

匿名マン:
そうそう。子供が5人集まって『ジャスティス・リーグ』ごっこをやるってなった時に、「じゃぁ俺スーパーマン」「じゃぁ俺バットマン」「お前はアクアマンな!」「えーっ、なんで俺がアクアマンなんだよぉ!」みたいな、余りになっちゃうキャラクターなんだよね。でも『ジャスティス・リーグ』のお陰で、みんな「俺アクアマンやりたい!」って変わると思う。最高でしたね。

NEW BRIDGE:
サイボーグはどうでした?

ゴキオモ:
サイボーグはね、物語の根幹なんですよ。バットマンの持ちメカをサイボーグが操るっていうのも良かったなぁ…。でも、コスプレしづらいんですよね!

匿名マン:
あれはお金かかる(笑)。

セラ:
もう人間じゃないし(笑)。

匿名マン:
その”人間じゃない”というのが、またキャラクターに深みを与えてるよね。

セラ:
ちょっと仮面ライダーを思わせるよね。今までのDCキャラクターではあまりないんですよ。力を持ってしまったことによって気持ちが落ち込んでしまうって。

DCドラマを振り返る

NEW BRIDGE:
『ジャスティス・リーグ』今日はネタバレトークがあまり出来ないわけですが、皆さん、DCのドラマは観てます?

一同:
観てます!

NEW BRIDGE:
「THE FLASH/フラッシュ」、「SUPERGIRL/スーパーガール」「レジェンド・オブ・トゥモロー」「コンスタンティン」などなど。

ゴキオモ:
「THE FLASH/フラッシュ」シーズン1の第1話、最高!僕ね、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の日本公開が待ちきれなくて、台湾まで観に行ったんですよ。でも英語がさっぱりわかんなくて、開始7分でもうストーリーに付いて行けなくなっちゃって(笑)。ラストはこの人たち何で戦ってるだろ?って感じでしたもん。で、帰りの飛行機の中で「THE FLASH/フラッシュ」シーズン1の第1話を観て。「フラッシュ」の英語って、すごく綺麗で聞き取りやすいんですよ。僕英語だけどもう泣いてましたもん。すごい良かった。

セラ:
「走れバリー」ってところ良いよね。コミックでもすごく有名なセリフで。

NEW BRIDGE:
フラッシュの面白いところって、タイムトラベル的なところがあるから、観ていくと第1話に何回か帰ってくるんですよ。歴史を書き換えたり、書き換えなかったりというのがあって。シーズンを追っていくごとにどんどん面白さの厚みが増していく。

ゴキオモ:
「フラッシュ」と「レジェンド・オブ・トゥモロー」って『バック・トゥ・ザ・フューチャー』みたいな面白さがあるんですよ。歴史を書き換えるのもそうだし、「レジェンド・オブ・トゥモロー」なんてもろにタイムスリップものじゃないですか。オマージュのシーンもあったし。

匿名マン:
DCのドラマは、それぞれのクロスオーバーのやり方がすごく上手いんですよね。「インベージョン!最強ヒーロー外伝」も最高だったし。

NEW BRIDGE:
映画『ジャスティス・リーグ』でもそうだけど、DCのクロスオーバーって各キャラクターの世界観ごと交わるのが良いよね。それぞれの脇役も引き連れて出て来るのが。

匿名マン:
マーベルのヒーローって、それぞれの世界観が全く違うんですよね。この人たちを同じ画面に置けるのか、というキャラクターを集めて、それでもちゃんと面白いというギャップが素晴らしい。DCは、同じ世界のキャラクターなんだという説得力があるような。コスチュームのデザインにも統一感がある。

セラ:
お馴染みのあのキャラクターたちが集合してくれた、という楽しさがあるよね。

匿名マン:
マーベルの映画はキャラクターの新たな一面、というところがある。こんなに若いキャプテン・アメリカ、こんなにコミカルなアイアンマン、ありなんだ!という。『ジャスティス・リーグ』は、このキャラクター知ってる!みたいな、初めて観るはずなのにすごく安心感があって。別の感動があったかなと。

ゴキオモ:
DC作品全体でトーンを合わせるのって、そういう利点があるんでしょうね。


Huluでは、映画『マン・オブ・スティール』やドラマ「THE FLASH/フラッシュ」、「SUPERGIRL/スーパーガール」、「レジェンド・オブ・トゥモロー」、「コンスタンティン」などのDC作品を多数配信中!2018年もDC作品で盛り上がろう。

このトークセッションの後半戦「MARVELトーク」はこちらで公開中!