先読み厳禁!観てから読んで 『エアポート2014』ディープ解説【アサイラム作品徹底特集】

君は、アサイラム作品を知っているか?

アサイラムとは、『シャークネード』の世界ヒットで一躍人気を上昇したアライサム作品とは、有名作品に”乗っかった”タイミングでリリースする、【モックバスター作(模倣作)】でも有名な、カルト的ファンも多いアメリカの映画制作会社だ。

今回は、アサイラム映画に明るいお宝映画発掘家、中野ダンキチさんに映画『エアポート2014』を、どこよりもディープにたっぷり語っていただいた。

エアポート…シリーズとは?

映画好きの方ならアルバトロスさんからリリースされる”エアポート”プラス年号が付いたタイトルの作品をご覧になることがあるのでは?
これシリーズと言えばシリーズなのですが、共通するのは航空機が出てくるパニックムービーであるということ。
ストーリーや監督、キャストなどは関連性がないことがほとんどで、それぞれが独立し完結した作品。
だから『エアポート…』が付いたタイトルは邦題のみ。
原題はそれぞれの年によって全く異なり、どの年度から見ていただいても大丈夫なんです。
本作の原題は、”Airplane VS Volcano”。内容がストレートに伝わりますね。
ちなみ年号で表すと、エアポートシリーズでは、2011、2012、2014、2015、2017がアサイラム製作の作品です(※2016はリリースされておりません)。
リリースされたら、ワインのごとく「今年のエアポートは、どうかな?」なんて感じでお楽しみいただくのも良いかも知れないですね。

監督は誰?

監督は、ジョン・コンデリックとジェームズ・コンデリックの双子兄弟であるコンデリックブラザース。
2人は監督業のほか、DUAL VISONS という双子を連想させる名前のついた製作会社を経営。
2016年からは撮影用スタジオ DUAL VISONS STAGE をハリウッド中心部から車で約30分のカノガパークで開業しています。
両名の名義の監督作品としては、サメパニック映画の”DAM SHARKS”があります。
弟、ジェームスは個人としてアサイラム作品では『ウォー・オブ・ザ・ワールド』を監督。
兄のジョンは、監督ではなく俳優としても多数の作品に出演しています。
彼は過去の映画撮影中の事故により左手の4本指を失う大怪我を負いましたが、『ゾンビ・アルカトラズ』ではあえて身体的個性として演技をし、
その強い気持ちと活躍ぶりから、CNNなど数々のメディアに取り上げられています。

搭乗者には意外な人物が…

超人的な能力で活躍する主人公。
オープングで主人公に話かける隣に座った人物。
もじゃもじゃパーマに、眼鏡の男性だったのですが覚えていますか?
実は意外な方が演じています。
彼の名前は、グレン・R・ミラー。
お名前を聞いてもピンと来る方は少ないと思いますが、実は『ZOOMBIE ズーンビ』の監督なんです。
通常は俳優ではなく、助監督としての活動が主。本作でも本業の助監督(ファースト)としてクレジットされています。
しかし個性的なキャラクターですから、人が足りないというよりは、”あえて”の起用かも知れませんね。

”聖地”撮影場所は?

中盤に登場し、兵士がやけどするなど記憶に残るシーンが撮影された作戦本部の外観。
ここは『ZOOMBIE ズーンビ』などにも使用されるロングビーチの下水処理場。
両作品で使われ方が全く異なりますので、比べて見るのもオススメです。

主題歌を歌うのは?

エンディングで流れるロックミュージックは、Liz ALLENの歌う「RIDE OF YOUR LIFE」。
気にせず流してしまいそうですが、実は彼女 LIZ KONDELIKという名前もお持ちのご様子。
本作を監督したコンデリックブラザースの運営する会社のDUAL VISONSでは、受付もしているようですので、
妹もしくは兄弟どちらかの奥様、それとも親戚?
いずれにせよ家族なのは間違いなさそうです。
アサイラム作品『エクスペンダブル・レディズ』でも、劇中歌のボーカルを担当しています。


Huluでは、『エアポート2014』をはじめとした魅力的なアサイラム作品を一挙配信中。一歩足を踏み入れたらクセになる?Huluでじっくり、たっぷりお楽しみください!

アサイラム徹底解説特集ページはこちら

『エアポート2014』を視聴する

タグ: