『ジャスティス・リーグ』のスーパーマンとは?DC映画初心者でもわかる前作『マン・オブ・スティール』『バットマンvsスーパーマン』おさらい解説

2017年11月23日(木・祝)公開、DCコミックスの超人たちが集まる超大作『ジャスティス・リーグ』。バットマンにワンダーウーマン、アクアマン、フラッシュ、サイボーグといった魅力的なキャラクターが集まるが、どのキャラクターがどんな特徴なのかわからない…といった方も多いのでは。

そこで今回はそんなDC映画初心者の方のために、『ジャスティス・リーグ』スーパーマンを解説!『マン・オブ・スティール』『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』もしっかり振り返るので、『ジャスティス・リーグ』で初めてスーパーマンに出会っても、この記事をチェックしておけば大丈夫!

この記事では、映画『マン・オブ・スティール』『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のネタバレが含まれます。

『ジャスティス・リーグ』予習のために!スーパーマン前作までを復習

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

ちょっと待って、『ジャスティス・リーグ』にスーパーマンは登場するの?解禁されているポスターや場面写真に映っているのは、どれもバットマンやワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグだけで、スーパーマンの姿は観たことがないけど…。そう疑問に感じたかもしれない。

実を言えば、スーパーマンが『ジャスティス・リーグ』にどのような形で登場するかは、映画を観るまでまったくわからないのだ。しかし、どうやら登場する可能性は非常に高いらしい。この記事では、スーパーマンが突然スクリーンに現れた場合の備えとして、この最強の超人をおさらいしておこう。ポイントは、前二作『マン・オブ・スティール』と『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』だ。

『マン・オブ・スティール』おさらい

スーパーマンの出生と最初の活躍は、映画『マン・オブ・スティール』(2013)で描かれている。『ジャスティス・リーグ』に続くDC映画シリーズはこの1作よりスタートしたので、是非チェックしておいて欲しい。ここでは、『マン・オブ・スティール』を基に、スーパーマンのオリジンをおさらいしておこう。

©2013 Warner Bros. Ent. Inc. All Rights Reserved. MAN OF STEEL and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics.

『マン・オブ・スティール』を視聴する

スーパーマンは、高度な文明を持ちながらも、崩壊を免れることができなかった惑星クリプトンの生き残りで、本名をカル=エルと言う。父は科学者のジョー=エルで、惑星クリプトン崩壊寸前、赤ん坊だったカル=エルを脱出カプセルに乗せて地球に送り届けていた。

カル=エルを乗せたカプセルはアメリカのカンザスに落ち、心優しい農夫のジョナサン・ケントマーサ・ケントの二人に拾われて、クラーク・ケントという名を授かって我が子のように大切に育てられた。

スーパーマンは地球の恒星である「黄色い太陽」から発せられる電磁波エネルギーによって超人的なパワーを得ている。幼いころはそのパワーをコントロールできずにトラブルを起こしていたが、マーサの教えもあり次第にコントロールができるように成長していったのだ。育ての父ジョナサンはクラークに宇宙からやってきた過去を伝えており、スーパーマンのマークでお馴染みの「S」マークが刻まれたコマンドキーを手渡している。ちなみにこの「S」マークは、「SUPERMAN」のSと捉えることもできるが、クリプトン星で「希望」を意味するエル家の紋章であるという意味がある。

©2013 Warner Bros. Ent. Inc. All Rights Reserved. MAN OF STEEL and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics.

「むやみに力を開示してはいけない」という育ての父ジョナサンの教えを守り、クラーク・ケントは人知れず自らの出生の謎を突き止める旅に出ていた。新聞社デイリー・プラネットの女性記者ロイス・レインとも出会い、仲を深めていく。ある日、クラークを追ってきたクリプトン星のゾッド将軍が地球に飛来。滅びた故郷の代わりに、地球を第二のクリプトン星として「改造」を目論んでいると知り、クラークは地球を守るために立ち上がる。

スーパーマンとしてゾッド将軍との戦いに挑むクラークは、大都市メトロポリスで壮絶な死闘を展開。ゾッド将軍の兵器ワールド・エンジンで都市は半壊滅、スーパーマンらの戦いは地上に甚大な被害と犠牲をもたらしてしまった。

重厚感たっぷりのドラマを味わって

『マン・オブ・スティール』の見どころは、何と言っても全編を通じて醸し出される重厚感だ。このヘヴィネスこそ、DC映画の世界観を象る重要な要素となっている。だからこそストーリーには神話性が、アクションには迫力と説得力がもたらされており、骨のある作品になっている。

ポイントとなるのは、やはりクライマックスのメトロポリス決戦。空を駆け、吹き飛ばされてビルを貫通する大迫力のアクションは、まるで「ドラゴンボールZ」的な日本の漫画を彷彿させる見開き絵のような迫力があり、口をあんぐり開けて見入ること間違い無し。さらに、この戦いがただカッコよく描かれるだけでなく、地上の人々がシャレにならないダメージを被っているという「悲壮感」と共に描かれているのが見どころ。その理由は、続く『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)で明かされる…。

『マン・オブ・スティール』を視聴する

スーパーマン目線で前作『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』おさらい

『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)は、DC映画の真骨頂と言うべき作品だ。何せ、前作『マン・オブ・スティール』を観ていないと話が非常にわかりづらい。おまけに、『ジャスティス・リーグ』以降の作品で回収される伏線も多岐にわたって張り巡らされるという、シリーズにとってのシンギュラリティ(特異点)的な作品なのだ。

『バットマンvsスーパーマン』で描かれるスーパーマンの物語は、『ジャスティス・リーグ』にも多大な影響を及ぼしている。そのため是非鑑賞をオススメしたいが、『バットマンvsスーパーマン』を楽しむには『マン・オブ・スティール』から観ておかないともったいない…というジレンマを抱えているのも事実。ここでは、スーパーマン目線の『バットマンvsスーパーマン』物語をおさらいしておこう。

『マン・オブ・スティール』ラストの別目線からスタート

『バットマンvsスーパーマン』は、こんな映画観たことない!という画期的なオープニングで幕を開ける。なんと、『マン・オブ・スティール』クライマックスで展開されたメトロポリス決戦を「地上目線」で体感するところから始まるのだ。スーパーマンとゾッド将軍が遥か空中で壮絶な戦いを繰り広げる一方、あちこちで落下する瓦礫や崩壊するビルをくぐり抜け、豆粒サイズのスーパーマンを憎む目つきで見上げる男、ブルース・ウェインことバットマン。実は『マン・オブ・スティール』最大のクライマックスで破壊されたビルは、ブルースの経営する大企業「ウェイン・エンタープライズ」の自社ビルだったのだ。大切な社屋に社員の多くを失ったブルースは、スーパーマンを危険な存在とみなし、打倒を誓う。非常にドラマチックな幕開けなのだが、やはり『マン・オブ・スティール』を観ておかないと何のことだかわからない。しかし、観ておけばその重厚感が二倍にも三倍にも増す、これぞDC映画シリーズの楽しみ方だ。

スーパーマンの葛藤、限界に

スーパーマンが怒らせたのはブルースだけでなく世間の人々も同様だった。今やスーパーマンは「偽りの神」と罵倒され、世間ではスーパーマンの追放を望む声が高まっていた。

強力すぎるパワーを持つスーパーマンだが、ひとつだけ弱点があった。故郷クリプトン星の鉱石である「クリプトナイト」だ。これはスーパーマンのパワーを無効化し、たちまち弱らせる効力を持っている。大企業レックス・コープのクセ者若社長レックス・ルーサーがこの鉱石と、『マン・オブ・スティール』で倒されたゾッド将軍の遺体を入手し、独自の研究を進めていた。

「世界中の情報が集まり、かつ危険な場所に赴いても怪しまれない職業」を望んでいたクラークは、恋人ロイス・レインと共にデイリー・プラネットに記者として勤めていた。2つの顔を持つスーパーマン。新聞記者としてのクラーク・ケントはバットマンを記事にすべくブルース・ウェインに接触する一方、スーパーマンの妥当性を問う声は極限に達していた。彼は救世主か、それとも破壊神か?少なくとも政府は、スーパーマンの身勝手な行動を疑問視しており、この超人をめぐる公的な問審会が開かれることになる。ついにスーパーマンが議会やマスコミの前に現れ口を開く…と思われたが、会場内で爆破テロが発生、多くの死傷者を出してしまう。

自分が関わると、巻き添え被害が発生してしまう…。スーパーマンの自責の念は限界に達し、姿を消してしまう。一方ブルース・ウェインもスーパーマンを仕留めるため、レックス・コープからクリプトナイトを盗み、クリプトナイトを組み込んだ武器やパワードスーツを準備していた。

隠遁中のクラークだったが、レックス・ルーサーが育ての母マーサ・ケントを誘拐したと知りメトロポリスに戻る。レックスの狙いはバットマンの殺害だった。「バットマンを殺せば、マーサは助かる」と脅されたスーパーマンは、やむなくバットマンとの禁断の対決へ…。

スーパーマン対策を万全に備えていたバットマンは、クリプトナイトでスーパーマンの能力を無効化。パワードスーツを着込んだバットマンの肉弾戦に圧倒され、なんとスーパーマンは追い詰められてしまう。しかし、トドメの一撃を加えられる寸前で発した「お前のせいでマーサが殺される」「彼を探し出してマーサを救え」の言葉にバットマンが突然動揺。実は、バットマンことブルース・ウェインは幼いころに両親を目の前で殺害された深いトラウマを抱えており、彼の母の名もまた、「マーサ」だったのだ。これまで危険な異星人と思っていたスーパーマンもまた人の子であり、彼もまた自身同様に大切な親を失おうとしていることを悟ったバットマンはスーパーマンを許し、二人は協力してレックス・ルーサーを食い止める戦いへ。スーパーマンの母マーサがバットマンに救われ、バットマンが作ったスーパーマンの弱点「クリプトナイト」の鎗は恋人ロイスに捨てられた。

スーパーマンはレックス・ルーサーを追い詰めるが、レックスはクリプトン星古代の怪物ドゥームズデイを蘇らせてしまう。その怪力にはスーパーマンですら苦戦を強いられる。しかも、米軍による攻撃からエネルギーを吸収し、パワーを肥大化させていく。スーパーマンはドゥーズデイを叩き上げ、宇宙空間まで飛び上がるが、米軍はスーパーマンの存在を知りながらも核爆弾を撃ち込み、そして命中してしまう。

最悪なことに、核攻撃はドゥームズデイを仕留めるばかりか、この衝撃を吸収し、より強力化して地球に再落下。地上が壊滅状態に陥る中、スーパーマンは瀕死状態で宇宙空間に浮かんでいた。

ドゥームズデイを止められるのはクリプトナイトの鎗しかない…バットマンが鎗の回収に向かう中、スーパーマンは宇宙空間で太陽光を浴びて復活。地上に戻ると、窮地に駆けつけていたワンダーウーマンの姿もあった。スーパーマン、ワンダーウーマン、そしてバットマンがドゥームズデイとの死闘を繰り広げる一方、恋人ロイス・レインがクリプトナイトの鎗回収に向かう。ロイス・レイン溺死寸前のピンチをスーパーマンが救い、愛する者を守るため、緑色に輝く鎗を携えドゥームズデイを貫く…しかしその瞬間、ドゥームズデイの反撃によってスーパーマンも犠牲になってしまったのだ。

スーパーマンが死んだ。メトロポリスではスーパーマンの、カンザスではクラーク・ケントの葬儀が執り行われた。参列したブルース・ウェインは、地球を脅威から守るために超人たちを集めたチーム(ジャスティス・リーグ)の結成を決意。ロイス・レインは、生前クラークが渡すはずだった結婚指輪を母マーサより受取り、クラークの棺に土をかける。そしてその土が、わずかに浮き上がる…という、スーパーマンにまだ生命が残っていることを暗示したところで、『バットマンvsスーパーマン』はエンディングを迎える。

『ジャスティス・リーグ』に向けて押さえておきたい、スーパーマンのポイント

『ジャスティス・リーグ』は、「スーパーマン亡き世界」が陥った混沌の世界が舞台だ。『バットマンvsスーパーマン』ラストが示唆していたように、スーパーマンはまだ生きている可能性が高い。そもそもが「超人」「神」と崇められていた(そして反発の世論もあった)スーパーマンが、死んだと思われていたところから蘇るのだとしたら、世の中にどんなインパクトを与えるだろう?キリスト教においてイエス・キリストが復活し、史上最大の奇跡をもたらしたように、スーパーマンもより神々しい存在となるのかもしれない。

しかし、「マーサ』の発言でバットマンが悟ったように、スーパーマンとてカル=エルの本名やクラーク・ケントの俗名を持つ一人の人間でもある。最後にスーパーマンにまつわる家族構成について、念のためおさらいしておきたい。

出身のクリプトン星での本名:カル=エル
産みの父:ジョー=エル(死亡)
産みの母:ララ・ロー=ヴァン(死亡)

地球での名前:クラーク・ケント
地球での父親:ジョナサン・ケント(死亡)
地球での母親:マーサ・ケント(存命)
恋人:ロイス・レイン(未来から現れたフラッシュによれば、「ロイス・レインがカギ」らしい…。)

演じる俳優はヘンリー・カヴィル

©2013 Warner Bros. Ent. Inc. All Rights Reserved. MAN OF STEEL and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics.

スーパーマンといえば、これまで幾度となく実写映像化された歴史があり、ジョージ・リーヴスやクリストファー・リーヴ、ディーン・ケイン、ブランドン・ラウスといった面々が演じてきた。『マン・オブ・スティール』からのスーパーマン/クラーク・ケントを演じるのはイギリス出身のイケメン俳優、ヘンリー・カヴィル。『007』シリーズのジェームズ・ボンド役は、最終選考までダイニエル・クレイグと競い合っている。

『マン・オブ・スティール』をきっかけに世界的ブレイクを果たしたヘンリー・カヴィルは、『コードネーム U.N.C.L.E』(2015)主演などで一気に注目度アップ。2018年出演の『ミッション・インポッシブル』六作目へも出演している。ちなみに『ミッション・インポッシブル』でヘンリーはダンディなヒゲを蓄えた姿で登場するそうだ。

映画『ジャスティス・リーグ』は2017年11月23日(木・祝)公開。

『マン・オブ・スティール』を視聴する

『ジャスティス・リーグ』キャラクター解説:
バットマン
ワンダーウーマン
フラッシュ
アクアマン
サイボーグ
スーパーマン

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC