「海外ドラマは観ていないと仕事にも支障」アルコ&ピース平子祐希さんインタビュー!

日本テレビのHulu傑作シアターで月一企画突撃!!Huluプレミアのコーナーがスタートした。11月5日(4日深夜)に放送された「突撃!!Huluプレミア」は日本初上陸の選りすぐり海外ドラマ ブランド「Huluプレミア」を深く知っていただきたいという願いから始まった。この記念すべき第1回目のプレゼンターとして収録を終えたアルコ&ピースの平子祐希さんに、海外ドラマについて聞いた。

「海外ドラマを観るために、子供を早く寝かしつける」

普段から海外ドラマに没頭するのが大好きだという平子さん。「嫁と一緒に同じドラマをガッツリ観ていますよ。海外ドラマを観たいがために子供を早く寝かしつけてます。どちらかが先に帰宅したら、フライングして先に観ていたり…(笑)」と語るほど、日頃から海外ドラマに夢中だそう。

2人で感想を語り合ったり、ときどきネタバレのイタズラを仕掛け合うなど、ご夫婦で一緒に海外ドラマを楽しんでいる平子さん。ドラマのチョイスは、まず平子さんが気になるシリーズの第1話を観て、一緒にハマれそうだと思ったら奥様にプレゼンするそう。

「『ウォーキング・デッド』もまさにそうでした。もともと僕はファンだったので先に観進めていたのですが、ついに嫁に追い越されたんですよ。ドハマりしちゃってて。」

奥様は、お子さんを寝かしつけながら、合間を見計らってスマホアプリで観進めるほどの熱中っぷり。

そんな海外ドラマフリークの平子さんご夫妻がこれまで一番ハマったのは、「LOST」だったそうだ。

「2人で全話を一緒に観てしまうほど最高にハマりましたね。家の中を墜落現場に見立てて、2人で『LOST』ごっこしてましたよ。怪しい音が聞こえるフリしたり(笑)」

芸人仲間の間ではウォーキング・デッドがブーム

お笑い芸人さんたちの間でも、海外ドラマはいつも話題になるそう。平子さんは、「観ていないと仕事に影響を及ぼす」とまで語る。その理由とは?

「芸人は凝り性な人が多いから、結構な人数が海外ドラマを観てるんですよ。特に評判なのは『ウォーキング・デッド』、観てないとモグリと言われるくらい。『24 -TWENTY FOUR-』『プリズン・ブレイク』もそうですけど、芸人の間では”海外ドラマボケ”が多いから、観ていないとツッコミもできないんです。」

字幕派?吹替派?

ところで平子さんは、海外ドラマを観るときは字幕派、吹替派、どちらなのか?

「疲れてるけど、観たい!って時は吹替で。作品にどっぷり入り込みたい時は字幕かな。

今は吹替にハマってますね。最近は声の仕事をやらせて頂けるようになってから”声優さんの凄さ”というのを再認識して。吹替版の良さって、画面を凝視しながらも内容が入ってくるところですよね。」

平子さんが熱く語るヒューマンズの魅力

海外ドラマ好きの平子さんも唸ったイチ押しの海外ドラマは、日本初上陸の海外ドラマを配信するHuluプレミアの「ヒューマンズ」。人間の代わりに様々な仕事をこなす最新の高機能AIロボット”シンス”と人間との境界線が崩壊していく不気味さを描くSFサスペンスだ。「ものすごくリアルで、近い将来の話のように感じられる」と絶賛する平子さん。観た後は思わず、人間とロボットとの共存について考えさせられると語る。

「ロボットとの共存に求められるのは、バランスですよね。家事全般をやってくれるっていうタイプのロボットのせいで人間が怠慢になってしまうんじゃないかと考えると、6:4くらいの比率で、6割の仕事をロボットが担うくらいがちょうどいいんじゃないかな。でも、そうはいかないんだよっていうところが『ヒューマンズ』では描かれていくと思う。」

上手に扱えば便利なロボットだが、絶対ロボットに譲りたくない家事は「お風呂掃除」だと笑う。

「お風呂掃除を嫁に言われる前にやると褒めてくれるんですよ。その褒められる瞬間ってやっぱり嬉しいので。仕事バタバタしてる旦那だけど家事に参加してるんだっていう自意識の部分を嫁がくすぐってくれるので、この仕事だけはロボットに取られたくない(笑)。」

平子さんは「ヒューマンズ」の魅力として、これまでのロボット/アンドロイドを扱うSFサスペンスでは外されがちだった、人間とロボットの恋愛や浮気は成り立つのか、というテーマを生々しく描いているところだと語る。ロボットと浮気するって、一体どういうことだろう?

「難しいですよね。感情を伴う浮気なのか、無機質なものなのかで解釈が分かれますよね。

一度ロボットとの関係に味をしめたら、もう人間を相手にできなくなってしまうかもしれない。ロボットは何でも言うことを聞いてくれますからね。でも、従順じゃない方が良いんだという感覚を持ち合わせている人は、また戻ってこれるのかも。全部が思い通りにならないからこその良さはあるはず。人間でもそうですけど、思い通りになりすぎても飽きちゃいますよね。」

ロボットと人間との境界線とは…哲学的な部分にも踏み込む「ヒューマンズ」を、平子さんは「革新的」だと熱く薦めてくれた。そして、インタビューの最後にはこんな言葉もポロリ。

「今日はもう仕事を切り上げて、早く家に帰って続きを観たい。それくらいハマってます。」


地上波では紹介できなかった部分を含めたロングバージョンがHuluで配信中!「ヒューマンズ」をまだ観ていない方、迷っている方はぜひこのプレゼンを聞いて欲しい。

Huluプレミア「ヒューマンズ」シーズン1
10月11日(水)、Huluにて独占配信開始

URL:https://www.happyon.jp/humans

突撃!Huluプレミア

URL:https://www.happyon.jp/totsugeki-hulu-premiere

(c)Kudos Film & Television Limited 201

タグ: