【現地レポ】「ウォーキング・デッド」シーズン8、米ロサンゼルスのプレミア・イベントに行ってきた!

待ちに待ったドラマ「ウォーキング・デッド」のシーズン8。

世界一早い米国放送(※米国西海岸では2017年10月23日の午後9時から放送でした)に先行すること約4時間。出演者たちがレッドカーペットに集結し、そのまま約2,000名のファンたちと見る第1話のプレミア上映~トークショーの収録になだれ込むとの情報を得て、我々、NEW BRIDGE取材班はレッドカーペットから現地の熱気を生中継すべくアメリカへ。

場所はロサンゼルス・グリークシアター。プラネタリウムをバックに踊るシーンでは、人間の純粋な愛の美しさに何度も泣かされた映画『ラ・ラ・ランド』の舞台にもなったグリフィス天文台のすぐ近く。そして、1979年、YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)がコンピューターで操るライブを敢行し、アメリカ人達の度肝をぬいた野外の音楽堂です。

それから38年後の2017年、今回は我々が米国のドラマに度肝を抜かれる…のでしょうか?

取材は緊張しました。

ニーガンが怖いから?いやいや、なぜかドラマの出来が自分のことのように心配なのです。ここまで盛り上がっているウォーキング・デッド。これ以上、どう展開したら世界の人は驚くんだろう?

取材当日は少し余裕を見て、お昼すぎに会場到着。

すでに数百人のファンが入り口に行列を創っています。先頭の方は早朝4時半に到着とのこと。日の出前、まだ暗くて、ロスといえども寒い時間から待っているわけですね。

会場を金網越し(なんだか金網までもウォーキング・デッド風で気分が盛り上がります)に覗くと、リハーサル中。聞き取れませんが、ダミーのMCがイベントを進行しています。開演まであと数時間。

レッドカーペットではニーガンが目の前に!

ドラマの出演者、ニーガン、リック(このレポートでは本名ではなく役名で書きますね)、千葉に住んでいたらしいアメリカでも大人気のダリル。いつ見ても冷静なキャロル。レギュラーに返り咲いたモーガン、なにやらシーズン8では重要な役になりそうなユージーン。いつも気になるゲイブリエル神父…。強さと美しさを備えるマギー…。

劇中ではいつも汗まみれ、血まみれで大変そうな彼らですが、このレッドカーペットでは髪型バッチリ、服、メイクもキレイで、素敵です。そして人気ドラマに出演中ということでしょうか、皆、嬉しそう。そして誇らしげに見えます。こんな人気ドラマなのに、出演者たちは実にフレンドリーなんですね。各メディアに丁寧に、そしてやさしい眼差しで対応してくれます。

ちなみに私、シーズン7の”あのエピソード1″は、あまりに怖くて最後まで通しで見ることができませんでした。こんな悲しいことがあっていいのか?ニーガン、最悪。怖い。(完全に現実とドラマの境目がなくなってしまった、困ったファンですね。)

そして落ち着くために、ニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガンさんをネットで画像検索し、「よかったー。この人、本当はドラマの様に悪人ではなく、普通の人なんだ」「あ、ほら、リック達と撮影現場で肩組んでピースして撮った写真がある」と本当は悪い人ではないんだと自分に言い聞かせ、続きを見たクチです。

そのニーガンが、いきなり我々の目の前にやってきました。怖い…いや、そんなことはありません。なんだか優しいお父さん風。

我々がニーガンにどうしても直接聞きたかった質問。「スシは好きですか?」…ちがうちがう。そうじゃなくて、「ニーガンは何かに恐れることはあるんでしょうか?」

この質問に対して、ニーガンはずばり答えてくれました。答えは配信中のレッドカーペットビデオを観てくださいね。

「ウォーキング・デッド」シーズン8 レッドカーペット ニーガン組 フル視聴リンク

取材の受け答えは、皆上手です。隙あらばユーモアを挟みこもうとする、私が好きなアメリカ人体質はそのままに、ちゃんとドラマを理解し、役になりきり、ツボを心得た答えを返してくれます。

そしてニーガンに限らず、我々が接した出演者たちは、緊張しないで、ちゃんと楽しんでいってくれよ、と言わんばかりの優しい目で接してくれます。

その理由は、数時間後のトークショー「トーキング・デッド」で明らかになるんですけどね。

シーズン8、第1話は歓声と笑い声につつまれた?

ドラマの出演者を見渡すと、見事に性別、人種、世代を幅広く配置しています。そして、集まったファンも人種は様々。男女比は、なんとなくですが女性が多いような…。

そんな世界の観客たちは(意外だったんですが)結構ゲラゲラ笑いながら、第1話を観ているんです。この第1話、このイベント用に構成されているのではないかと思うぐらい、主要キャラクターの登場が、個別にカッコよく演出されているんですね。

お、いきなりリック登場!おおおおお!

キャロルらしき女性が画面の奥に登場。そして絶妙のタイミングでピントがキャロルへ!うおおおおお!

マギー登場!待ってました!おおおおお!という感じ。

そのライブな反応を舞台裏で聴いている出演者たちはどんなに嬉しくて、どんなに気分がいいことでしょう。今後の撮影も気合が入りますね。

そして最後に登場する大物は、もちろんニーガン!ここぞっ!というタイミングで扉から現れます。悪役なのに大人気。まるでダース・ベイダーです。そして、期待を裏切らず、悪くて、カッコイイ。見事な演出です。

ドラマといえば普段は配信で1人で静かに観る、という感じですが、それとは全く違う楽しみを見つけた第1話の視聴イベントでした。

ほぼ生放送なのに超リラックス!「トーキング・デッド」

イベントは10分の休憩を挟んで、2時間の特番「トーキング・デッド」の収録に突入。このトークショー、ほぼ生放送に近いのに、出演者達も司会者もなんだか超リラックス。

そして印象的だったのは、本番中に出演者がやけに自分のスマホで観客やステージの様子を撮影しているんです。出演者だけでなく、司会者まで。アカデミー賞などでも見かける、自分のアカウントSNSフォロワーに向けたファンサービスでしょうか。

舞台の中心に座る司会者を挟むように両側にずらりと座るシーズン8の出演者。加えて、以前のエピソードで出演が終わってしまった出演者たちもお祝いに駆けつけ、お祭りムード満点。その度に悲鳴のような歓声があがります。

トークショーの途中で挟むCMブレイク中は、リックは客席に降りてきて、おそらく関係者の家族とハグしたり、記念撮影したり。なんでしょう、このいい家族的ないい雰囲気は!そんな制作チームの一員になりたい!

レッドカーペットでニーガンを取材した際、その目を見ながら(ニーガンを演じる時でも優しい目をしていますね)きっとこの先、これまで全く明かされていないニーガンが善人だったころのストーリが展開され、世界が深く、深くニーガンに感情移入したころに最終決戦を迎えるのでは?などなど、トークショーを見ながら勝手に想像してしまい、胸がいっぱいになってしまいました。

トークショーの中で何度も言われていた、「第100話を迎えられたのは皆さんのサポートのおかげです」「ありがとう」という言葉。

途中で気づきました。このイベントは、ドラマや出演者をアピールするのではなく、制作チームと出演者が、ドラマを支えるスタッフや、ファンへありがとう、と伝えるイベントだったのです。

だから、出演者たちの我々に接する態度も優しかったんだ。我々はおもてなしを受けていたんですね。

会場にはスタッフもドレスアップして招待され、番組の中で何度も舞台上の役者たちから感謝の気持ち伝えられていました。ちなみに、スタッフ、関係者は収録中の飲み物や食べ物は無料。アメリカですねー。その後のパーティも招待されていたようです。

ドラマという総合芸術を形づくるには、多くの裏方の働きが必要です。その方々はドラマのクオリティーを上げる、というシンプルな同じ思いのもとで、仕事に没頭していきます。その結果が「ウォーキング・デッド」のように世界で支持されるヒット作になったらどんなに誇らしく、嬉しいことでしょう。

今、この瞬間もウォーキング・デッドの撮影は進行しているはず。次はそんな現場を取材してみたい、と思いつつ、一方で、単なるファンとして、今後もこのドラマに驚かされたり、グッときて泣かされたり、自分の人生と照らし合わせて、いろんなことを考えるきっかけをもらったりしていたいな、と思った今回の取材でした。

人はなぜ生きるのか?
この永遠のテーマに、「ウォーキング・デッド」はどこまで答えを出せるのでしょうか?

これからも、いちファンとして見届けていきたいと思います。

Text by Hulu 原園明彦


「ウォーキング・デッド」一気に復習するなら今!

実は「ウォーキング・デッド」は過去に途中まで鑑賞したきり、中断していたというアナタも、まだまだ追いつける!HuluのFOXチャンネルでは「ウォーキング・デッド」シーズン1からシーズン7までの全エピソードが視聴可能。さらにHuluでは、3分で「ウォーキング・デッド」がわかるおさらい動画も配信中なので、これまでのエピソードをザっと振り返ってからシーズン8に備えよう。

「ウォーキング・デッド」配信スケジュール

シーズン8   

10 月 23 日(月) 22:00 配信開始! 毎週月曜 22:00~ほか
※シーズン 8 は全 16 話の予定です。
前半 8 話は 10 月 23 日(月)から配信し、後半第9話目以降は2018年2月に配信再開予定です。
※配信スケジュールは、変更になる場合があります。

シーズン7

全話配信中(字幕版)

シーズン1〜6

全話配信中(字幕版 / 吹替版)

「ウォーキング・デッド」特集

https://www.happyon.jp/features/the-walking-dead

THE WALKING DEAD TM & ©2017 FOX and its related entities. All rights reserved. 

タグ: