もしも女性ヒーローがSNSをやっていたら?『ワンダーウーマン』の次はドラマ『スーパーガール』がオススメ!しゃべんじゃーず座談会 Part2

世界中でぶっちぎりの大ヒットを飛ばす、DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)が放つ話題作『ワンダーウーマン』が、この夏いよいよ日本にやってくる。

NEW BRIDGEでは、2017年8月8日に開催されたジャパン・プレミア終了後、アメコミ芸人「しゃべんじゃーず」の柳生玄十郎、みなみ、綾瀬マルタ、エージェントKAIの4名をゲストに迎え、『ワンダーウーマン』を「楽しく、喋り尽くす」座談会を開催した。
果たして、全編を観終えたばかりのしゃべんじゃーずの4人は話題作『ワンダーウーマン』をどう楽しみ、どう評価したのか?

この記事では、しゃべんじゃーずの4人とNEW BRIDGE編集長が熱く繰り広げた『ワンダーウーマン』トークの中から、鑑賞前でも楽しめる部分をピックアップ。もしもワンダーウーマンをはじめとするアメコミ作品の女性キャラクターがSNSをやっていたら?妄想全開のしゃべんじゃーずは、『ワンダーウーマン』の次に見たい女性ヒーロー作品を挙げ、その魅力を熱く語った。

※ネタバレなしとなるよう考慮しておりますが、個人の捉え方によって、

そうならない場合もあります。予めご容赦ください。


今回登場するHuluサポーター(順不同、文中では敬称略)


もしもワンダーウーマンと付き合えたら?

みなみ:男性から見て、ワンダーウーマンは女性としてどうなんですか?カッコよすぎて、声かけづらいとか感じますか?

柳生玄十郎:いやいや、無理やろ(笑)。

エージェントKAI:トレバーみたいな出会い方だったら、自然に会話できるかもしれないけど、いきなり現れても絶対に声はかけれないですよ。

みなみ:じゃぁ、島にいたころのダイアナだったら?

エージェントKAI:それだったらなんとか…。でも、現代のダイアナは無理ですよ。

柳生玄十郎:仮に付き合えたとしよう。その後が無理やわ。

エージェントKAI:日々戦いですよ。

綾瀬マルタ:プレッシャーがすごいってことですか?

NEW BRIDGE:こっそりTwitterフォローして終わりですよね。

綾瀬マルタ:距離を置いておきたいんですね。

エージェントKAI:カッコよすぎて、それくらいしか無理ですよ。もう偶像みたいなもんですよね。

柳生玄十郎:トレバーほどの高潔な信念がないと、彼女には釣り合わないですよ。

エージェントKAI:戦場を2、3回見てないと、彼女のメンタルに付いていけない。俺なんか、説教されそう。

NEW BRIDGE:バットマンとスーパーマンですら置いてけぼりにしていましたから(笑)。

『ワンダーウーマン』でアメコミ作品にハマりそうなアナタに

NEW BRIDGE:『ワンダーウーマン』で初めてアメコミ映画を観た女性の方が、次に見るべきアメコミ作品って何だと思いますか?

柳生玄十郎:『スーパーガール』でしょう。

エージェントKAI:僕もそう思った!

みなみ:『スーパーガール』!間違いないですね!これも女性ヒーローですし。

エージェントKAI:しかも、ワンダーウーマンにちょっと似ているところもありますよね。人間世界からはちょっとズレたところがあって、でも凄いスーパーパワーを持っていて…っていう。で、中身はすっごい女の子なんですよね。あの純粋なところはやっぱり惹かれます。

みなみ:『スーパーガール』第一話では本当に世間知らず感がすごいから、あれを観ると、ワンダーウーマンの”強さ”ではなくて”可憐さ”が出て来る。ヒーローに対して、急にとっつきやすくなるんですよね。

柳生玄十郎:『スーサイド・スクワッド』も、女性でも楽しいと思う。

みなみ:ハーレイ・クインの気持ちで観るのは全然アリ。

エージェントKAI:なんやかんやで、ハーレイもめちゃくちゃ純粋なんですよね。一線を超えちゃってるけど。

綾瀬マルタ:何より、あのビジュアルがカワイイ。女の子が見て憧れる女の子。ああいうメイクやファッションしてみたい。

柳生玄十郎:ガル・ガドットはいけなくても、メリッサ・ブノワはいける。

みなみ:いけるって何だよ!

綾瀬マルタ:アメコミファンの男性は、だいたいみんな「スーパーガールならいける」って思ってる(笑)。

NEW BRIDGE:ハーレイ・クインは難しそう。それから、『アベンジャーズ』のブラック・ウィドウもワンダーウーマンと同じで、ちょっとお高い感じがして。

男性陣:あー、うんうん(笑)。

NEW BRIDGE:スーパーガールだったら、隣の席にいそうですよね。

エージェントKAI:スーパーガールは、交流している男性もみんな一般人なんですよ。ブラック・ウィドウなんてもう周りを見たら、ホークアイだキャプテン・アメリカだ…。

NEW BRIDGE:ハーレイ・クインなんて、学校イチのヤンキー(=ジョーカー)と付き合ってるみたいな(笑)。

エージェントKAI:そう!周りにいる男性もヤバいんですよ!けど、スーパーガールは、一応普段は会社で働いていますから、いきやすいですよね!

みなみ:いきやすいって何なんだよ!

柳生玄十郎:カーラ(=スーパーガール)、ほんまに可愛いもん。

NEW BRIDGE:スーパーガールだったら、TwitterでDM送れますね。

柳生玄十郎:あー、全然送れる。

女性陣:えー!?

エージェントKAI:リプライしても嫌な顔しないだろうなっていう。

綾瀬マルタ:ワンダーウーマンはフォローするだけなのに?(笑)

エージェントKAI:ワンダーウーマンにリプライしたら、そこでもうブロックされそうじゃないですか。

みなみ:そんなに!?

柳生玄十郎:どんなメッセージ送ろうとしてんねん!

みなみ:「おはよう」ツイートに対して「おはよう」ってつぶやいたら…。

エージェントKAI:ワンダーウーマンは、そういうツイートしなさそうじゃないですか!

柳生玄十郎:やらないなぁー!

NEW BRIDGE:ブラック・ウィドウは裏アカウントがいっぱいありそう。

柳生玄十郎:スカーレット・ウィッチは夜中にめっちゃ病みツイートするんやろ。

綾瀬マルタ:絶対してる(笑)。

柳生玄十郎:スカーレット・ウィッチもいけるなぁ。

みなみ:いけるって何だよ!

エージェントKAI:もしもハーレイ・クインがTwitterやってたら?

NEW BRIDGE:プロフ画が頻繁に変わるタイプですよ。

一同:あぁー、わかるー!

柳生玄十郎:ハーレイも一途ですよね。

みなみ:「彼のためなら死ねる」ですからね。”ヤンデレ”ですよ。

柳生玄十郎:その点、スーパーガールはいい子すぎますもん。減点されるところが見当たらへん。

男性陣、何故かスーパーガールの恋愛事情を心配

エージェントKAI:スーパーガールがいいのは、服装もあると思う。いい具合にダサいんですよ。

綾瀬マルタ:だからいけそうな感じがする(笑)。

柳生玄十郎:防御力ゼロ感!だって、ガル・ガドットのワンダーウーマンみたいなドレス姿で歩いてこられたら、無理やで!カッコよすぎる!

NEW BRIDGE:クラーク・ケント(=スーパーマン)はダサい格好しても、隠しきれないカッコ良さがあった。でもスーパーガールはちゃんとイモっぽさがありますよね。

みなみ:悪い男に捕まりそうな雰囲気ありましたね。

柳生玄十郎:うん。ほんまに。

みなみ:中身も純粋すぎるし。

柳生玄十郎:心配やわぁ…。

みなみ:誰目線?

柳生玄十郎:だってさぁ…、『アロー』たちと共演するねんで、今度。
(DCコミッスのドラマシリーズのヒーローたちが集結する『インベージョン!』のこと。)

エージェントKAI:不安ですねぇ、アローはやばい。

綾瀬マルタ:やばい。アローはやばい。

柳生玄十郎:アイツ、スティーブ・トレバーとか、そんなレベルじゃねぇからな。カッコえぇから。

みなみ:アイツ、すぐ手出すからなぁ!

柳生玄十郎:手出すどころか、手出されるパターンもあるから。

みなみ:いやぁ、でもスーパーガールからはいかないでしょう。

柳生玄十郎:いやいやいやいや…。

エージェントKAI:わからない。

柳生玄十郎:でも、今オリバー(=アロー)は状況が違うねん。婚約者がおるから。

みなみ:いや、アイツは婚約者がいても関係ない!アイツが第一話で何をやったか!とんでもねぇヤツですよ。

綾瀬マルタ:こわいこわい(笑)。

エージェントKAI:しかも、フェリシティとちょっとタイプが似てるじゃないですか。(※フェリシティは、『アロー』に登場する女性キャラクター。アローを支える。)

柳生玄十郎:そう!ちょっと地味やし、眼鏡っ娘やし!元ヤンキーか元宇宙人かの違いだけでな。

エージェントKAI:だから、クラっといっちゃうかも…。

NEW BRIDGE:許せないですね…。僕たちのスーパーガールを…。

綾瀬マルタ:スーパーガールの男性支持率が凄い(笑)。


 

しゃべんじゃーずの4人による『ワンダーウーマン』座談会の様子は、全四回に分けて連続掲載。

Part1:「ガル・ガドットの神々しさに涙」アメコミ芸人しゃべんじゃーず、大絶賛!ネタバレ無しで魅力語る

Part2:もしも女性ヒーローがSNSをやっていたら?『ワンダーウーマン』の次はドラマ『スーパーガール』がオススメ!

Part3:新感覚!『ワンダーウーマン』で感じた「女性監督ならではのこだわり」は?

Part4:男性ファン、原作ファンの評価は?アメコミ芸人しゃべんじゃーずが熱く説いた『ワンダーウーマン』

映画『ワンダーウーマン』は2017年8月25日(金)より全国ロードショー。Huluでは、主演のガル・ガドット、クリス・パイン、そしてパティ・ジェンキンス監督によるここでしか見られないインタビュー映像ほか、5種類のフィルムクリップ、TVスペシャル映像も公開中だ。

Huluでマーベル世界を体感せよ!

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC