「ガル・ガドットの神々しさに涙」アメコミ芸人しゃべんじゃーず、大絶賛!ネタバレ無しで魅力語った『ワンダーウーマン』座談会 Part1

世界中でぶっちぎりの大ヒットを飛ばす、DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)が放つ話題作『ワンダーウーマン』が、この夏いよいよ日本にやってくる。

NEW BRIDGEでは、2017年8月8日に開催されたジャパン・プレミア終了後、アメコミ芸人「しゃべんじゃーず」の柳生玄十郎、みなみ、綾瀬マルタ、エージェントKAIの4名をゲストに迎え、『ワンダーウーマン』を「楽しく、喋り尽くす」座談会を開催した。
果たして、全編を観終えたばかりのしゃべんじゃーずの4人は話題作『ワンダーウーマン』をどう楽しみ、どう評価したのか?

この記事では、しゃべんじゃーずの4人とNEW BRIDGE編集長が熱く繰り広げた『ワンダーウーマン』トークの中から、鑑賞前でも楽しめる部分をピックアップ。これを読めば、きっと今すぐ「美しく、ぶっ飛ばす」ワンダーウーマンを今すぐ体験したくなるはず!

※ネタバレなしとなるよう考慮しておりますが、個人の捉え方によって、

そうならない場合もあります。予めご容赦ください。


今回登場するHuluサポーター(順不同、文中では敬称略)


ガル・ガドットの神々しさに涙

柳生玄十郎:『ワンダーウーマン』、最高でした。ヒーロー映画なんだけど、ヒーロー映画じゃないというか、ヒーローというのを主題にしていないんですよね。ダイアナ・プリンスが、初めての人間、ロマンス、戦争、そして人間の醜さを知っていくというのが主題で。たまたま、そこに「アレスを倒す」という目的があったからヒーローものになったというだけ。「ヒーロー映画を作ろう」という作品ではなかったなぁという印象。凄い上手いなと思いましたね。

エージェントKAI:そう。ヒーロー要素はもちろん、戦争映画やロマンス映画とか、いろんな要素の魅力がタップリ詰まってて、でもとっ散らからない、飽きさせない。色んな角度から楽しめる映画だったと思います。

柳生玄十郎:そしてとにかく、ガル・ガドットの演技力が凄かった。見事でしたね。

NEW BRIDGE:初登場の場面では、劇場内のお客さんの「カッコいい…」というため息が聞こえてきましたよ。

みなみ:ワンダーウーマンは、ガル・ガドットにしか出来ないですよね。

綾瀬マルタ:スクリーンに映っている間中、ずっと目が離せないくらいの魅力がありました。

みなみ:綺麗だし、カッコいいし。セクシーな洋服を着てるのに、エロくない。

綾瀬マルタ:ない!いやらしくない。

柳生玄十郎:健康的なね。凛々しかった。

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

エージェントKAI:ガル・ガドットの起用は完璧。僕、ワンダーウーマンの戦闘シーンで、神々しさでちょっと泣いちゃったんですよね。ヒーロー、ヒロインの戦闘シーンは今まで散々観てきたはずなのに、なんだかわからないんですけど、色んな物が伝わってきて。神々しさや脆さも表現できるガル・ガドットをキャスティングしたのは素晴らしかった。

ワンダーウーマンが救ったDCエクステンデッド・ユニバース

柳生玄十郎:本当に、これからのDCはワンダーウーマンが引っ張っていくよね。

綾瀬マルタ:『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』でワンダーウーマンが登場したとき、戦う直前にニヤリと笑うじゃないですか。あのときのニヤリは、こういう過去を経てのものだったんだなと。

柳生玄十郎:たぶん、「この感覚、久々だわ」のニヤリやで、アレ!

NEW BRIDGE:ワンダーウーマンとスティーブ・トレバー、サミーア、チャーリー、酋長が写っている集合写真は、『バットマンvsスーパーマン』にも登場していましたね。

柳生玄十郎:だから、『バットマンvsスーパーマン』の時にもうキャスティングが決まってたのかな?

みなみ:そう!ですよね!

綾瀬マルタ:伏線が全て回収されていく。素晴らしい。

柳生:DCは、これからそういう仕掛けがいろいろ登場していくんだろうなぁ。

みなみ:『バットマンvsスーパーマン』は単独で観ると分かりにくい作品だったけど、今後のDC映画で過去や未来が明かされて、「そういう意味だったのか!」と成立するのかもしれない。

柳生玄十郎:それ、めっちゃDCっぽい!コミックでも、『DC:リバース』という企画があるんですよ。ウォッチメンとかも出てくるんですけど、伏線をめっちゃ匂わせるんですよ。全部、匂わすだけ匂わしておいて、「これ、何の話やねん?」みたいなのが一冊出て。それに関する作品が続々出ていて、「これはこういうことだったんだ」みたいなに繋がっていくという。過去のコミックにあった「THE NEW 52!」にもそういう展開があって。『バットマンvsスーパーマン』に出てきたフラッシュの「僕は早すぎた」っていうセリフも後から絶対意味が分かってくるはず。

柳生玄十郎:批評は気にせず、作品世界を貫き通すっていう、凄いことですね。

みなみ:でも批評も気にしてもらわないと、次が作れなくなっちゃうから。

NEW BRIDGE:そこを『ワンダーウーマン』が塗り替えてくれた。

「美しく、ぶっ飛ばす」誰もが真似したくなるワンダーウーマン

綾瀬マルタ:ワンダーウーマンのコスチュームって、『美少女戦士セーラームーン』をちょっと彷彿とさせるんですよ。だから、なんか馴染むっていうか、懐かしさがあって。

エージェントKAI:確かに。スカートのヒラヒラ感とか。

みなみ:スカートもそうだし、ティアラもあるし。

綾瀬マルタ:そうなんですよ。セーラームーンに憧れてた女の子っていっぱいいたので、そういう意味ではどストライクなんじゃないかな。

NEW BRIDGE:ワンダーウーマンは、腕をクロスさせるポーズがあるのもいいですよね。

エージェントKAI:コスプレで重要なのって、衣装を着て写真を撮る時に、ポーズができるかどうかなんですよ。

みなみ:武器を持ってなくても、サマになりますよね。

柳生玄十郎:真似したくなる。

みなみ:私は、ワーナーさんが「美しく、ぶっ飛ばす」というキャッチフレーズを付けてくれたのが嬉しかった。色々あったけど、このフレーズが出てきてからは、みんな「ワンダーウーマンは絶対に面白そう」って思ってくれたと思う。

エージェントKAI:あのキャッチフレーズは本当にハマってましたね。

みなみ:観終わった後も、ちゃんと「美しく、ぶっ飛ばしてたな」って思える、素晴らしいキャッチフレーズでしたね。


 

しゃべんじゃーずの4人による『ワンダーウーマン』座談会の様子は、全四回に分けて連続掲載。

Part1:「ガル・ガドットの神々しさに涙」アメコミ芸人しゃべんじゃーず、大絶賛!ネタバレ無しで魅力語る

Part2:もしも女性ヒーローがSNSをやっていたら?『ワンダーウーマン』の次はドラマ『スーパーガール』がオススメ!

Part3:新感覚!『ワンダーウーマン』で感じた「女性監督ならではのこだわり」は?

Part4:男性ファン、原作ファンの評価は?アメコミ芸人しゃべんじゃーずが熱く説いた『ワンダーウーマン』

映画『ワンダーウーマン』は2017年8月25日(金)より全国ロードショー。Huluでは、主演のガル・ガドット、クリス・パイン、そしてパティ・ジェンキンス監督によるここでしか見られないインタビュー映像ほか、5種類のフィルムクリップ、TVスペシャル映像も公開中だ。

Huluでマーベル世界を体感せよ!

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC